Yoichi's diary


2014-12-11

_ リーダブルコード 社内勉強会その2

今回の範囲:4章 美しさ、5章 コメントすべきことを知る、6章 コメントは正確で完結に

読む人が「えっ」と思う所にコメントを書くべきだけど、コード書いている自分でなかなか気づけない。どうしたらよいか?という疑問に対しては、レビューされるという意識を持って書くと、質問されそう、突っ込まれそうなところを自然と想像するのでいいという話があった。確かに気を引き締めて自身でコードを見ると、その後レビューするレビューア(別の人)よりも厳しい目で見れる部分があるなと思った。

あと今回の例題では、先日の須藤さんの講義で聞いたことを受け、手本になるようないいコードをなるべく集めるようにしてみたところ、前向きな話ができてよかったと感じた。