Yoichi's diary


2013-12-21

_ [Java][SublimeText] JavaPropertiesEditor

Jenkins のリソースをいじるとき、Internationalizationの説明にあるように、propertiesファイルでは \u2019 みたいにエンコードして書く必要がある。SublimeTextで編集するとき、簡単にできるプラグインがあるだろうと思って探したらあった。

なお、コマンドラインでは native2ascii を使ってエンコード、デコード (-reverse) できる。

_ [git] take diff after native2ascii -reverse

以下のように設定してやるとデコード結果の差をとってくれる。
~/.config/git/attributes
*.properties diff=ascii2native
~/.gitconfig
[diff "ascii2native"]
        textconv = native2ascii -reverse

_ [git] global attributes setting

~/.gitattributes じゃないことに気づくのに時間費やしてしまった。man gitattributes して正解に辿り着いたが、環境変数 XDG_CONFIG_HOME が設定されていない場合は ~/.config/git/attributes が参照される。