Yoichi's diary


2004-08-27

_ [comp/emacsen] flim-1_14 + flim-1_14-rfc2231-encoder + α

って感じのものを使うようにしてみた。+αの部分は limit から filename の B-encode する部分をとってきて、rfc2231-encoder と排他的に切り替えられるようにしてある。

flim-1_14 で日本語の名前のファイルを添付した時の Content-Disposition header はやばい感じ(rfc2183を参照。flim-1_14 自身でちゃんと解釈できないのを見ればわかるだろう)。

limit 流に作成した場合については、B-encode してる所を単なる ASCII 文字列と解釈すればやばくないと思う(flim-1_14 のデフォルトの設定では実際そのように解釈する)ので、この形のもの(rfc2231-encoder か B-encode を切り替えて使えるもの)が実用上も rfc 的にもよいように考えてるんだけど、何か問題はないだろうか。