Yoichi's diary


2004-02-25

_ [work] 昨日の残業

帰ったら日付けかわってますた。

_ [misc] 歯医者

  • 歯ぁ削るやつ顔の上に持ったまま後ろ向いて話してたり
  • 歯を削りつつ後ろの人と話しつつ時々振り向いたり
ってどうよって感じ。前者については、目に当たるんじゃないかと身をよじってよけていたが、横で見てる助手のお姉さんも見てるだけやし。

_ [misc] 麻酔

一時間で切れるとか言うてたけど3時間くらいたってもまだ効いてる。はやく切れへんかなー。腹へったよー

4時間経っても切れない。もはや我慢できないので食う!

_ [misc] 酒と麻酔の関係

飲む人は効きにくいと言われ、一本目で効かなかったので追加で打たれた。そのせいかな、長引くの。 … うそじゃん
Q:よく、お酒を飲む人は麻酔が効きにくいという話を聞きます。
私は、ほぼ毎日お酒を飲みますが、時々麻酔の効きが悪いのはそのためでしょうか。 
 
麻酔薬は、はぐきに注射された後、肝臓で解毒され排泄されるわけですが、
お酒を分解する酵素と麻酔薬を分解する酵素は、よく似ているため
お酒をよく飲む人は、麻酔薬を分解する力も強いということはあると思いますが
麻酔の効きには、あまり関係が無いようです。(酔っ払っている時は別ですよ。)
れよりも、麻酔が効かないときの理由の多くは、その麻酔をしたい場所によることが多いのです。
歯の神経を麻酔する場合、はぐきに注射して、そのはぐきの中の骨にあいている小さな穴から、
麻酔薬を骨の中の神経のところまで染み込ませる必要があるのですが、
場所によって骨が緻密で、骨の表面の穴が少なかったり、小さくなっていたりするので
麻酔薬が届きにくいことがあります。
 そのため、唇やほっぺたはしびれているのに、歯には麻酔が効かないということがあるのです。
ちなみに、一番効きにくい場所は下の奥歯です。(特に成人男子)
 また、腫れや痛みを伴う炎症を起こしている場合や、痛みに対して非常に敏感になっている方の場合も
麻酔は効きにくくなるようです。